勝栄建工 | HOME | リクルート | お問合わせ |
 

 江戸のむかし、明暦の大火をはじめ、十五年に一度は江戸の町全体が焼野原になる様な大火災に見舞われたという。江戸の大火は、筑波おろしの空っ風の吹きまくる冬に多く、その猛威は、とてものことでは防ぎきれないものだったといわれています。
 享保三年(1718年)、余りにも大火が多く、なんとか火事を防ぐ対策はないものかというので、八代将軍吉宗公のとき、南町奉行 大岡越前守が北町奉行、中町奉行と合議したが、なかなか良い案が出てこない。 合議の末、大岡越前守の「町火消(まちびけし)なるものを組織し、専門に消火に当らせてはどうか」という案が決まり、翌四年に江戸市中に【いろは四十八組の町火消(まちびけし)】が組織されました。
 一度火事が起きると「それッ」とかけつける姿は、きびきびと統制のとれた動きで、何事も町のためと一切を捨て命すらも捨てて猛火に立ち向かっていく心意気は、江戸ッ子の「いなせ」「きおい」の代表として火消(ひけし)が大いにもてはやされたそうである。
 消火活動の際には破砕用具として、もっぱら「鳶口(とびぐち)」が使われ、つねづね手入れを怠らずに磨きあげる。一名「鳶」が火消の代名詞となったと言い伝えられています。



梯子乗り

享保の時代に町奉行大岡の命により町火消しが誕生した。
梯子乗りは、町火消しが火事の場所を確かめるために長サスマタを軒先等に立てかけ、若者がそれに登って火事の場所の確認していたのが始まりと言われています。

纏振り

纏いも、ご存知のように町火消しから今日に伝えられております。
もともとは戦国時代の大将の馬印を真似たものです。
そのため纏は、その組の存在と心意気を示す大切な役目を担っています。

木遣り

もともとは石材や木材を運ぶ際に全員で息を合わせるための歌で、「セイノー」「ヨイショ」の掛け声からから始まっています。
それが家・人土地の反映などを祈願する祝の歌へと変化し、今に至っています。


HOME > 鳶の伝統